苫小牧市 沼ノ端陸上競技スポーツ少年団 NRSC

小学生中心の陸上競技クラブ、団長:鈴木正雄、指導者:島崎鶴松

沼ノ端陸上競技スポーツ少年団沼ノ端陸上競技スポーツ少年団お問い合わせ
クラブ案内イベント情報大会情報大会結果歴代記録メンバー募集

>沼ノ端陸上競技スポーツ少年団/トップ  >大会情報


大会スケジュール

H27開催大会一覧

2015年4月~2016年2月


更新日:2015年3月16日

大会結果

『今シーズン締めくくり!』(中学生)

平成30年9月29日 第22回苫小牧陸上競技選手権大会 会場:苫小牧市緑ヶ丘公園陸上競技場

秋晴れの中、今シーズンを締めくくりとなる最終戦が開催されました。高校生や大学生も参加したレベルの高い戦いの中でも、全力を尽くして頑張りました。外練習も残り僅かです。有意義な練習にするとともに、室内練習に移行後は、基礎練習をしっかりと行い、来年度に向けた身体づくりに励む予定です。

更新日:2018年10月8日

「大舞台で良い経験!!」中学生

平成30年9月22〜23日 会場:釧路市民陸上競技場

釧路市民陸上競技場にて、新人全道大会が開催され、青翔中から5名、明野中から1名が出場しました。
道各地からトップ選手が集まる大きな舞台で、肩を並べて走ることができ、また、初めての全道大会出場選手もいたため、良い経験となったと思います。新たに目標をかかげ練習に取り組んでほしいと思います。

更新日:2018年10月4日

『それぞれの力を発揮!!』 2018苫小牧白鳥ライオンズ杯(小学生)

平成30年9月15日 場所:苫小牧緑ヶ丘公園陸上競技場

汗ばむ陽気の中、シーズンを締めくくる大会が開催されました。初出場の選手も多く、それぞれがこれまで積み重ねた練習の成果を発揮し自己ベストを更新する選手もいました。
今回の結果を来シーズンに繋いでいけるよう、冬の練習も頑張ろう!!che yer!!

更新日:2018年9月19日

第20回  北海道ジュニア陸上競技選手権大会(中学)

平成30年9月2日(日) 小樽市 

☆樽☆ 『有意義な時間をすごす!』
全道各地から標準記録突破者が集うジュニア選手権が小樽市で開催されました。沼ノ端RSCからは、苫小牧の代表として、斉藤君、横山君、羽沢君、矢部君の4名が参戦、前日の公開練習で軽めの調整をした後、全員で夕食を囲み一致団結して一夜をすごす。本日は、朝早くから会場へ応援に駆けつけてくれた葛西君や保護者が見守る中、競技が進行。大きな舞台にも関わらず、団員それぞれが緊張することなく、闘志を抱きながら全力を尽くし走りきったのは、とても立派だ!レース後には、皆で、会場販売の、うどんや蕎麦をスルスルとすすり、香りを漂わせながら、にこやかなひと時を過ごし、ハイレベルなレースも観戦する。今回の大会での予選突破はできませんでしたが、この2日間を通し、とても貴重で有意義な時間をすごす。次はいよいよ、新人全道大会、場所は釧路市。学校のテストや学校祭も重なり、自動車かJRか飛行機か、やはり自動車なのか・・・・・どうやって目的地に行くのか、その最善策に悩む場面も。釧路についたら勝手丼かスパカツも楽しもう!! 新人大会まであと20日

更新日:2018年9月2日

『ベスト記録を更新する』小学生

平成30年8月26日(日) 苫小牧地方小学生陸上競技記録会 会場 苫小牧緑ヶ丘公園陸上競技場

苫小牧小学生記録会が行なわれました。1ヶ月ぶりの試合だったのですが、ベスト記録を更新する選手もいました。9月には札幌で行なわれる川崎大会、苫小牧で行なわれる白鳥ライオンズ杯があります。2つの大会でベストを尽くし表彰台を目指そう。

更新日:2018年8月30日

『積み重ねてきた練習の成果を発揮!』中学生

平成30年8月26日(日) 第22回苫小牧中学校新人陸上競技大会 兼 第25回北海道中学校新人陸上競技大会苫小牧予選会 会場 苫小牧緑ヶ丘公園陸上競技場

新人全道への出場権を目指して最後の戦いとなりました。選手それぞれが目標を掲げ一つひとつのプレーに全力で臨み、積み重ねてきた練習の成果を発揮!新人全道の出場権獲得、おめでとうございます。次はハイレベルな舞台となります。最高のパフォーマンスを発揮し、さらなる高見を目指ざそう!

更新日:2018年8月30日

2018Challenge to a Recording第2戦

平成30年7月21日(土) 会場 苫小牧緑ヶ丘公園陸上競技場

心地良い風が吹く中、短距離、長距離ともに良い走りが見られていました。仲間の応援の声も一段と力が入り、リレーでは何走目でもすぐに対応できるようにとの課題も見事にクリアでき、素晴らしい成果をあげることができました!

更新日:2018年7月25日

「第36回北海道小学生陸上競技大会(全道大会)」に出場

平成30年7月15日~16日 第36回北海道小学生陸上競技大会 会場 函館市千代台公園陸上競技場

今年の全道大会の函館は、天気も良く汗ばむ陽気の中、男子7名、女子6名がリレー・各個人種目に出場しました。残念ながら、予選突破はできませんでしたが、今回全道大会に初めて出場する選手も多く、全道各地から集まったトップ選手の走りを目の当たりにして、とても刺激になったことでしょう。次の大会へ向けて練習を積み重ね、自己ベストを更新できるよう更に頑張りましょう!!

更新日:2018年7月19日

☆初☆『初体験‼ 第31回南部忠平陸上競技大会』

平成30年7月8日 場所:札幌厚別公園競技場

連日の雨模様とは打って変わって晴天に恵まれ、個人種目、今年度リレーは苫小牧選抜ということもあり合同練習があまりできない中、力を合わせ小学生、中学生共に走りきりました‼普段味わえない経験を子供達はして感じたことを次の大会に繋げ頑張ってほしいです‼
『☆祝☆ 猪子さん南部記念のメダル、久しぶりに見る事ができました!メダルとても輝いていますね。おめでとうございます!』

《南部忠平記念陸上競技大会》
国内外のトップアスリートが集う、歴史ある大会。北海道が生んだオリンピック金メダリストの功績を称え創設され1932年(昭和7年)に開かれた第10回ロサンゼルスオリンピック大会の三段跳びで、世界記録を樹立し優勝した北海道が誇る金メダリスト、南部忠平氏の功績を称え創設された「南部忠平記念陸上競技大会」(以下南部陸上)は、今年で31回目を迎える歴史ある大会です。オリンピックや世界陸上競技選手権の代表選手選考を兼ねたハイレベルの大会で南部陸上はこれまで、オリンピックや世界陸上競技選手権の代表選手選考の場として国内外のトップアスリートが集い、幾多の名勝負を繰り広げてきました。かつてはこの大会で世界記録や日本記録も誕生、陸上ファンのみならず、大勢の市民から注目を浴びている大会です。今や日本のトップ選手として活躍している北海道出身の福島千里選手や高平慎士選手も、ジュニア時代からこの大会に出場し、世界へと羽ばたいて行きました。
http://www.nambu-memorial.jp

更新日:2018年7月11日

☆鶴☆道央記録会第6戦、春先ほどの気温で雨の中、ベスト記録を更新(小学生)

平成30年7月7日(土) 道央記録会第6戦会場 千歳青葉陸上競技場

春先ほどの気温で雨の中、ベスト記録を更新するなど頑張りました!来週に小学全道、再来週には中学全道があります。次の大会に向けてまたベストを尽くし頑張って欲しいと思います!

更新日:2018年7月11日

苫小牧陸上競技協会  ⇒ とまこまい・あそび塾  ⇒ 個人情報保護方針について

沼ノ端陸上競技スポーツ少年団

〒059-1305 苫小牧市沼ノ端中央1丁目1番24号  TEL 0144-55-0940 (9:00~16:00) TEL 0144-55-7475 (16:00~21:00)

ホームページ上の「写真」「映像」「文章」などの内容を無断転載・転用を固くお断りいたします。